色々と煩悩に悩まされる日々

煩悩には逆らえないですよねぇ

作者別: sanayori

結婚したいと思うなら、相手の長所を考えて

最近年下の知り合いが婚活を始めたらしいんです。婚活を始めたはいいけど色々大変みたいです。周りが結婚していくと焦る気持ちもあるみたいです。私なりに婚活のアドバイスをしようかなとも思ったのですが、余計なお世話かもしれないと思い、特に何も言わずに話だけ聞いていました。

婚活の話になったので、その後で自分なりに婚活に必要なもの何かなと少し考えてみました。

確かに周りの人たちがどんどん結婚していくと、結婚式に行くたびにおめでとうと言う気持ちと同時に焦ってしまったり、心がどこか寂しくなってしまったりそういう経験があるのではないかと思います。しかし、だからといって、焦って結婚したところでいい結果があるとは限りません。

結婚願望があります。婚活も積極的にしています。という人にどんな人が理想なのかという話を聞いてみると、意外に相手に求める事が多い事があります。では、相手はそこまで求めてくる人と結婚して一緒に生活をしたいと考えるでしょうか。私はそうは思いません。それにはっきりいって、理想通りの完璧な人間は存在しないと思うんです。勿論、理想を諦める事は無いとは思いますが、それだけを追い求めている限りは、結婚は遠のいていく一方なのではないでしょうか。

そこで、もしも本気で結婚したいと思うのであれば、品定めで相手を引き算ばかりするのではなく、相手の長所を見てみてはどうでしょうか(^^)/

相手の長所が見えてくると、この人はここがちょっと理想とは違う気がするけれど、こんなに素晴らしい所があるんだからいいじゃないかと自分の心にも変化が現れると思います。案外人の短所は簡単に目についてしまいますが、実は長所を見つける事はそう簡単ではありません。それに、その人の性格の部分を長所と見るか短所と見るのかは人それぞれですよね。

例えば、どこかに食事に行くことを決める際に、意見を求める男性が居るとします。ある人はその人をみて人の事を気遣えるとても優しい人だなと思うかもしれません。そしてまたある人は、この人は優柔不断で食事に行く店も決められずにいるんだ。もっと男らしく引っ張っていってくれる人がいいなと思うかもしれないのです。そう考えたとき、将来を思ったらどうでしょうか。この人はとても優しい人で、自分一人の考えで動いたりはしないから、将来もきっと色々な事を夫婦で相談し合って乗り越えていけると思えるかもしれません。

要は捉え方次第です。マイナス点ばかりを付けるのではなく、相手の長所を考える事で、結婚相手として見る相手を増やして検討してみるのがいいのかもしれませんね。先を見据え、相手の長所を捉える事が出来たときに、違った未来も見えてくるかもしれません。

興味がわいてきたので、ネットで婚活の事を調べてみたら色々面白いことや、「へぇー」と頷いてしまうような情報がいっぱいありました。出会う方法や婚活する時の考え方や行動の仕方なんかも詳しく解説してあるんですよね。その中で一番わかりやすいと思ったのが 和歌山 婚活 というサイトでした。

知り合いにも何か聞かれたら教えてあげたいと思います。結局婚活はポイントを掴むことが大切だと思うので頑張ってほしいですね。

高血圧が気になるので、健康管理を徹底しています。

歳をとってくると様々な病気が気になりだします。特に私の場合は普段から血圧が高く、健康診断でもよく注意されるので、普段の健康管理には注意しています。

その具体的な内容は、ごく一般的なことなのですが、睡眠・食事・運動の3つをバランスよく管理・維持することです(^-^)。

まず睡眠は、私の場合、最低でも6時間は眠らないと1日中しっかりとした活動ができないので、この時間を守って眠るようにしています。また、睡眠前の飲酒は、夢をよく見てしまうことで睡眠が浅くなってしまい、次の日にだるさが残ってしまいます。その為、普段のお酒はほどほどにし、就寝直前の飲酒もなるべく避けるようにしています(‘◇’)ゞ

次に食事ですが、私は以前は天ぷらや揚げ物など、脂っこい食事を好んでしていたのですが、そうすると当然のように体中の脂肪が増えてしまい、体重が増えてしまうので必然的に血圧も高くなっていました。

血圧を管理するようになってからは、そのような食事を控え、野菜中心の食事を心がけるようにしました。肥満の原因となりやすいお米は、茶わん1杯程度にしています(*’ω’*)

肉も食べるのですが、なるべく低カロリーなササミなどの鶏肉を食べるようにしています。

また、私は夜の食事の時にビールを飲みたくなるのですが、500mlの缶ビール1本のみをゆっくり飲むように心がけています!(^^)!

最後に運動ですが、私は週に2~3回程度ジムに通っています。ジムでは必ずランニングなどの有酸素運動と、体全体の筋トレを組み合わせて行っています。

その目的は、健康維持のために何か目標があるとやる気が出るので、年1回程度のマラソン大会に出るのに体力をつける為です。ただ、仕事終わりなど疲れているときに無理して運動して倒れてしまうのも本末転倒な話なので、その時は軽く筋トレするなどうまく調整しています。

このように、私は普段、健康管理の為に睡眠・食事・運動に注意して生活していますが、その他に毎日朝と夜に血圧を測定し、体重も確認しています。

やはり自分の気になる部分を数値化した方が目標を立てたり、自分の体の状態を常に意識できるので、このことは毎日続けています(‘◇’)ゞ

 

京都デートに行った思い出

先日、妻と京都にデートに行きました。

引っ越してきてから妻とは初めての遠出でしたので、非常に楽しみで、実際にかなりいい時間を過ごすことができました。

それぞれ初めに一人で見たいところがあって、その後、一緒に南禅寺に行きたかったので、蹴上の駅で待ち合わせました。当日は平日でしたのですいていることを期待していましたが、修学旅行や海外旅行客が多く、かなり混雑していました。

天気は梅雨時でしたがその日は快晴で、雨の心配も一切なかったのでそれもまたよかったです。南禅寺では山門に上ったり、庭園を見て過ごしました。

南禅寺の後は清水に行ったり知恩院に行ったりしました。清水では恋愛のおみくじを引きましたが、私は吉、妻は凶を引いており、思わずその場で笑ってしまいました。昼食は光台寺周辺ですまし、しばし休憩しました。かなり暑く、少しばて気味でしたので、体力を回復し、その後清水周辺に戻ってかき氷も食べました。そのかき氷やはかなり有名なお店委でしたので、混んでいないか心配でしたが無事に入れ、名物のかき氷を食べることができました。

量がかなりあったので、妻は全部食べ切れず、もったいないということで私が食べたので、かなりお腹一杯になりましたが、大満足できました。

その後嵐山に移動し、竹林を歩いたりお寺巡りをしました。夕方の時間帯でしたが、嵐山エリアは中心街と比べると人の人数も多くなく、のんびり過ごすことができました。

その日の気温は30度を軽く超えており、かなり汗をかきましたが、夕方になると涼しくなり、また渡月橋を渡ったところのベンチで座って話しているころにはかなり風が吹いて気持ちがよかったです。

お土産も嵐山の周辺で購入しました。実家に八つ橋とわらび餅を購入し、その場で郵送しました。夜になり、再び京都駅周辺にもどり、そこで夕食をとりました。

普段から仲が良く、どこに行くにも楽しい妻ですが、この日は特に楽しく、自分だけでなく妻も満足してくれていたのでよかったです。

 

悲しかった合コン

若かったころの合コンでの悲しかった話をしたいと思います。

自分ははっきりいってイケていない部類にはいります。

友達も同様で、それでもなんだかんだで、友達のつてで久しぶりのコンパを開くということになりました。

人数は4対4。今までコンパでうまくいったことはありませんが、それでもなんらかの良い話があればと思って思いっきり期待していました。

日が決まってから、服をどれにするかを考えたり、仕事を調整して体調を整えたりとその日に備えて準備していました。

当日、夜に合コンすることになっていたのですが、その前に参加する友達みんなで集まりました。

実際、5時間前から喫茶店にいって作戦会議を開きました。

どういった席につくかとか、どんな話をするかとか。

みんなテンション高くて、サッカー用語を交えて怪しい作戦をいろいろとやっていました。

またどんなメニューが良いだのといったくだらない作戦を考えてました。

待ち合わせ場所でまっていると、相手が来ました。

こっちはみんな緊張してぎこちなくて。相手の反応を見る余裕もないまま、居酒屋に入りました。

座り方などいろいろ考えていましたが、友達の作戦用語でいうところのフラット4。お見合いのような座り方になりました。

自己紹介みたいなことしてから、会話がまったくはずみません。

というか、どうも相手からするとイケていないのに失望しているのかこっちをみてくれません。

こちらも緊張していて、まともに相手の顔を見れていません。

最初から気まずい空気になって、なんとかテンションを上げようと男同士でしゃべりながら相手に話をふろうとするもうまくいかず。

そのうち、合コンなのに、相手を前にして男同士、女同士だけが話すという最悪の状況になりました。

だれかが話すだろうと思いつつ、結局そのまま終了しました。

当然、連絡先を聞くとか問題外。二次会とかありえません。そのままさよならです。

仕方ないので、男同士で反省会という名の2次会に直行。

さっきとはうって変わってハイテンションな飲み会となって、その日の合コンは終わりました。

結局、一番、盛り上がったのが前後の会議。合コンなのにだれも相手とまともに話さないままでした。

相当、準備して期待してこの結果。なんとも悲しかったです。

 

関市のうなぎ屋さん食べ比べ

小さい頃から30年ほどの長い間、祖父母と共に定期的に岐阜県の関市にあるうなぎ屋さんにうなぎ丼を食べに行っていました。

関市には老舗と言われる美味しいうなぎ屋さんが何店もあり、お客さんの好みによりそれぞれお気に入りのうなぎ屋さんを持っています。私たちも祖父母がグルメだったこともあり、うなぎを食べるならわざわざ関市に行くという習慣と共に、年月をかけて何店かお気に入りのうなぎ屋さんを変えていきました。

その後、私の子供が生まれひ孫も一緒に親子4代に渡り一緒にうなぎを食べに行っていました。そんなグルメだった祖父母が同じ時期に亡くなってしまい、うなぎ屋さんに行く機会がぐっと減ってしまいました。

結婚してから関市にうなぎを食べに行くようになった主人は、何店かお気に入りのうなぎ屋さんを変えた3店目の最後のうなぎ屋さんにしか行ったことがありません。

ネットのグルメランキングなどを見てみると他のお店もとても高得点で、関市にうなぎを食べに行くなら一店ずつうなぎを食べに行き、食べ比べしてみたいと言いました。確かに主人は美味しいうなぎ屋さんが他にもあるのに、祖父母の好みで他のうなぎ屋さんに行くことなくこれまで来ていました。

今通っているうなぎ屋さんの前に行っていたうなぎ屋さんに先日食べに行ってきました。こちらの方がランキングも高く、人気店だという事もあり開店30分前に行ったのにすでに多くの人が行列をなして待っていました。

運が良い事に一巡目の最後の席に座ることが出来、私は15年ぶりくらいにそのお店のうなぎを食べました。今通っているうなぎ屋さんよりうなぎが肉厚でしっかり表面を焼いていて、うなぎの焦げた部分が香ばしく中はふわふわで、それがとても美味しくてどんどんご飯がすすんであっという間に完食できるという感じでした。

タレの味もやっぱりお店により違いどちらも絶品ですが、主人はどちらかというとこちらのお店の味の方が好きだという事でした。私も本当に久しぶりにこの店のうなぎを食べましたが、行列に並んでまで食べるかいのあるうなぎ丼だと思いました。

まだまだ関市には美味しいうなぎ屋さんがあるので疲れた時の楽しみとして、一店ずつ通おうと思いました。