最近年下の知り合いが婚活を始めたらしいんです。婚活を始めたはいいけど色々大変みたいです。周りが結婚していくと焦る気持ちもあるみたいです。私なりに婚活のアドバイスをしようかなとも思ったのですが、余計なお世話かもしれないと思い、特に何も言わずに話だけ聞いていました。

婚活の話になったので、その後で自分なりに婚活に必要なもの何かなと少し考えてみました。

確かに周りの人たちがどんどん結婚していくと、結婚式に行くたびにおめでとうと言う気持ちと同時に焦ってしまったり、心がどこか寂しくなってしまったりそういう経験があるのではないかと思います。しかし、だからといって、焦って結婚したところでいい結果があるとは限りません。

結婚願望があります。婚活も積極的にしています。という人にどんな人が理想なのかという話を聞いてみると、意外に相手に求める事が多い事があります。では、相手はそこまで求めてくる人と結婚して一緒に生活をしたいと考えるでしょうか。私はそうは思いません。それにはっきりいって、理想通りの完璧な人間は存在しないと思うんです。勿論、理想を諦める事は無いとは思いますが、それだけを追い求めている限りは、結婚は遠のいていく一方なのではないでしょうか。

そこで、もしも本気で結婚したいと思うのであれば、品定めで相手を引き算ばかりするのではなく、相手の長所を見てみてはどうでしょうか(^^)/

相手の長所が見えてくると、この人はここがちょっと理想とは違う気がするけれど、こんなに素晴らしい所があるんだからいいじゃないかと自分の心にも変化が現れると思います。案外人の短所は簡単に目についてしまいますが、実は長所を見つける事はそう簡単ではありません。それに、その人の性格の部分を長所と見るか短所と見るのかは人それぞれですよね。

例えば、どこかに食事に行くことを決める際に、意見を求める男性が居るとします。ある人はその人をみて人の事を気遣えるとても優しい人だなと思うかもしれません。そしてまたある人は、この人は優柔不断で食事に行く店も決められずにいるんだ。もっと男らしく引っ張っていってくれる人がいいなと思うかもしれないのです。そう考えたとき、将来を思ったらどうでしょうか。この人はとても優しい人で、自分一人の考えで動いたりはしないから、将来もきっと色々な事を夫婦で相談し合って乗り越えていけると思えるかもしれません。

要は捉え方次第です。マイナス点ばかりを付けるのではなく、相手の長所を考える事で、結婚相手として見る相手を増やして検討してみるのがいいのかもしれませんね。先を見据え、相手の長所を捉える事が出来たときに、違った未来も見えてくるかもしれません。

興味がわいてきたので、ネットで婚活の事を調べてみたら色々面白いことや、「へぇー」と頷いてしまうような情報がいっぱいありました。出会う方法や婚活する時の考え方や行動の仕方なんかも詳しく解説してあるんですよね。その中で一番わかりやすいと思ったのが 和歌山 婚活 というサイトでした。

知り合いにも何か聞かれたら教えてあげたいと思います。結局婚活はポイントを掴むことが大切だと思うので頑張ってほしいですね。